b0359794_20003393.jpg


出雲へ‥‥6 からの流れは

2016 10月10日 猿田彦大神現る!
の記事をご覧くださいね。

猿田彦六神を捜す旅は 華山と 日程調整
して 中間市 宗像市 鞍手町を歩いた。
ただ一神は 他の猿田彦とは違い 荒々しい。
なんとなく 気になった。
自宅に戻り 調理中 の事だった‥‥‥

✨あの猿田彦は そなた達が捜す猿田彦
ではない。 鬼神一族の猿田彦だ‥‥✨

いつも無心に 何かをしている時 突然
入り込んで いつの間にか勝手に受信する。

早速 華山に連絡した。
翌日 華山と 確認した。
華山は 快く承諾してくれて身体をかして
くれた。

華山の身体をかりて 話し出した。

豊日社 とよひしゃ の裏側にある 豊日神社
とよにちじんじゃ の猿田彦神だ。

豊日神社の階段をのぼる前 華山が足をとめ
た。
何かを感じたのか 藪をかき分けている。
ココに気配がある‥‥って? まさか!と
思った瞬間 石碑が現れた。

他の場所では 猿田彦だったが ココだけ
道祖神だった‥‥‥。

語り始めた。
✨ はるか昔 請われて 英彦山からココに
きたのに いつの間にか 忘れ去られて
何と勝手のよいものだ!
帰るぞ 連れてまいれ! ✨

英彦山のとある神社だと 思い込んで
いたが 違った。

途方に暮れていたら 山を降りる途中で
太陽が鳥居に真っ直ぐ ライティングして
いるのを見て駐車した。

鳥居に七大童子と書いてある。
七大童子神社だろうか。

神社の中にも光が✨ その先に 猿田彦の
石碑が輝いていた。

今までの経験から ココだ!と感じた。

早速 祝詞を奏上した。
その時 華山が 空の上から 石の船が 来て
いると言う。
天鳥船だろうか‥‥ 迎えに来ていたようだ。
鬼神一族の猿田彦は 去って行った。

一神 お帰りされたので 宗像市近辺で
また捜すのかと思いきや その神社で
待っていたのは 猿田彦神だった。

太陽に照らさていたのは 猿田彦の石碑の
六つの中の一つの石碑だった。

これで六神 お揃いになられた。

さあ 華山 帰ろう。

今日はココまでとしよう。
















[PR]
by gokuuan | 2016-11-29 22:55 | スピる! | Comments(2)


自分の好きな色 お気に入りの花って
あると思います。
b0359794_23395027.jpg


この花は 普段だったら 多分 選ばないな。

ところがですよ!

何だか とっても気に入りました。

いつもの定番も 素敵だけれど
たまには 自分の定番ではないものも
取り入れるって すごく良いなあ✨✨

花にせよ 洋服にせよ 環境にせよ

食べ物にせよ 考え方にせよ

固定観念を たまにはかえてみるのも
ワクワクや ワンダフルに出会えるかもね。
[PR]
by gokuuan | 2016-11-28 23:31 | 菊如さんのひと想い | Comments(2)


b0359794_21144564.jpg


出雲から 福岡に戻ってきた。

その後 宗像市の八所宮で 参拝する。
この宮は 宗像大社の初代宮司が 参拝して
いる古宮です。
何年か前までは 宗像大社からお正月には
毎年 宮司様がご挨拶に来られていたようです。
また 宮崎の幣立神社から前宮司と お付きの方
が 八所宮に参られ 幣立と八所宮は 大切な
隠れ宮だと言われたと聞きました。
幣立神社から参られた時 八所宮の方々と
記念に写真を撮っておられ 八所宮にて
見せていただきました。


八所宮の祭神は イザナギ イザナミ他
4代八柱です。

また 広い駐車場の近くには古代祭祀場が
あります。

初夏のある日 早朝5時に 目が覚めた。
スッキリ✨こんな日は 身支度を調え
神社へ‥‥ どちらへ? 八所宮‥‥。

何十年も 八所宮の前の道を通過しながら
一度も参拝したことがなかったのにね。

鳥居をくぐると 一直線 山道がまっすぐ。
太陽の光が スポットライトのように輝き
美しい。

ベストタイミング✨✨✨

現人神社を通過中 虹色のシャワーを浴びる

木漏れ日が 同じサイズの◯ 全て◯
ドットマークだらけ‥‥

異空間に入り込んだ気分だった。

爽やかな朝 ひとり静かに手を合わせ
出雲大社参拝の報告と スケジュールが
全てにおいて神任せだった事の感謝を
述べた。

その帰宅途中 グローバルアリーナの前で
メッセージが入る。

猿田彦を探せ✨✨✨

猿田彦? また何で?

日曜日の朝 そろそろ子供達が起きる頃。
まずは 自宅に戻り 朝食作りよ!

今日はここまで‥‥‥‥。

追伸 八所宮に関しては
ブログ ひもろぎ逍遥さんが詳しいです。
http://lunabura.exblog.jp/














[PR]
by gokuuan | 2016-11-25 19:59 | スピる! | Comments(0)

小さな幸せ


何でも合理的な世の中で 私 逆行している
ような気がします‥が 楽しんでます。

食器乾燥機を外しました。
食器を洗って 布巾で拭いて収納する。

土鍋で 御飯を炊く。

鉄のフライパンを使用する。

昔の私は 面倒な事キライ。

今は 昔 面倒だと思ってた事が 面倒ではなく
幸せ〜って思うのです。

単純な人だね〜って?

土鍋で炊くごはんは とっても美味しい。
今までは炊飯器にお任せでした。
それはそれで 良いのよね。

ひと手間加える喜びを経験しただけのこと。

鉄のフライパンの良さを見直しただけのこと。
目玉焼きが 美味しい!
シンプルな料理だからこそ わかるのね。

鉄のフライパンは 汚れを落とした後 火に
かけて 乾いたら サラダ油をまんべんなく
塗布して ビニール袋に入れて収納している。


食器をひとつひとつ 拭きあげる時間が
好きなだけ。

紅茶のティーバッグもたまに 使用するけれど
ティーサーバーにお湯を入れると琥珀色に
なっていく様を見る時間と その間のプチ
優雅な気分がたまらない。

どのティーカップにしようかな♡と選ぶ。

今までは 流れと勢いで過ごしていたけれど
チェンジしてみようと‥‥。

どこかで 子供がいたら そんな事出来ないわ
って聞こえてきそうですが‥‥。

今 50代になり そう思えるようになっただけ。

歳を重ねるって 悪くないな〜って思う。

最近 自宅が楽しい✨

b0359794_23545896.jpg


茶香炉に火を灯し 松崎さんの素敵な写真を
見ながら お気に入りのカップで 温かい
飲み物を飲む‥‥味わう。
BGMが 雰囲気を醸し出す。

小さな たくさんの 満足を重ねる楽しみを
覚えました。





[PR]
by gokuuan | 2016-11-24 19:03 | 開運のてびき | Comments(4)

お願い

b0359794_22471743.jpg


スピる! に関して 様々な意見 考え方が
あると思います。

不快に感じる方々は スルーしてくださいね。

心の中に そのような気持ちを持たない方が
良いからです。

以前にも 一度だけ 同じことを書いてます。

百人百様‥‥ですから♡

[PR]
by gokuuan | 2016-11-22 22:38 | 菊如さんのひと想い | Comments(0)

b0359794_22363460.jpg


ホテルに戻り 四人で夕食。
予定では 22時頃 ホテルに戻るだろうと
思っていたので 夕食はコンビニ食を覚悟
していたから ホテルまで送っていただいて
しかも ホテルの美味しい料理をいただけて
四人で感謝した。

話題は 出雲大社に何故 行くのか?である。

実は 私もわからない‥‥ゴメンね〜。

とにかく何もかも トントン拍子に運ぶが
まだ‥‥理解していない。

稲佐の浜での神迎神事は 他の女子三人は
とても喜んでおりましたが‥‥。

翌朝の 神在祭は 参拝をして 出雲大社を
後にし 他の由緒ある神社の参拝へ。

一巡りして 高速に乗る。

しばらく高速を走っていると✨

神迎神事を共にした者は フツヌシの縁‥‥。

あっそうそう‥‥すっかり忘れていた。
昨夜 そう聞いたな‥‥フツヌシ?

早速 車内で検索してくれた。

経津主大神
国譲りに尽力した神‥‥だってよ〜。

稲佐の浜での お話もあるよ〜。

ん? 自宅に戻り よく調べてみよう。

そんな会話の後 またまた✨
この者は サルタヒコの守護がある‥‥✨

崋山に向かい告げた。

崋山は サルタヒコって ⁇ ‥

ゴメン崋山さん 私もわからない‥
サルタヒコ‥‥って誰よ。

検索してくれた。
猿田彦大神 だってよ〜。

この二神が やがて 大きな意味を持つとは
誰も理解していない。
四人共 古事記や日本書紀 神道に全く興味
がなかったのだから。

高速道路 走行中 見事な虹がかかり
余りに美しく 感動し‥‥なんだかわからない
けれど 楽しかったね〜 で 終わる。

この虹が また次回の出雲行脚に関わるとは
誰も想像していない。

無事に自宅に戻り ホッとしていると
私が 尊敬するR僧侶から 電話が‥‥。

実は 出雲大社に参拝して 帰ってきた所
なんだよ〜

えー‼︎ 私も 先ほど出雲大社から帰って来た
ばかりです。

菊如さん 伊勢から出雲に 国譲りだよ
その前に 用があって 行ってきたんだ。

私は 経津主神の事を思い出した。

そして 糸島の二見ヶ浦の一件が 浮上した。
糸島の桜谷神社で 今すぐ 糸島の志摩の
二見ヶ浦へ行き 神門を開けよ‥‥という。
理由は◯◯◯◯◯。

伊勢志摩の二見ヶ浦の夫婦岩〜糸島志摩の
二見ヶ浦は 神路だった。
糸島志摩の二見ヶ浦の神門は 閉まったまま
だと‥何故だかわからなかったが
ひもろぎ逍遥さんのブログから 歴史カフェ
に参加させていただき 何故 神門が閉鎖し
たのか知ることとなる。

何故 神門を開けるのか‥‥ 意味を知り
今回の 国譲りと深く関係していると
理解したのだ。

それから 鞍手〜宗像を 猿田彦神を探すこと
になるとは‥‥

鞍手には 古物神社がある‥
布都御魂神が祭神の中の一神である。

後に また不思議な縁となるのだ。

鞍手と宗像の間には 豊日社がある。
猿田峠 猿田地区がある。
祭神は 豊受大神 猿田彦神。

この流れが ブログ ひもろぎ逍遥さんの
タイトル 脇巫女 に関わるとは知らず‥‥。

人の縁とは不思議なもの。
つくづくそう思う。

今日は ここまで‥。









[PR]
by gokuuan | 2016-11-22 21:13 | スピる! | Comments(3)

b0359794_13040750.jpg


女性四人の旅‥‥さてさて どうなる事やら
私は 三人の素敵な女性に囲まれて 幸せだ。
素晴らしい計らいに感謝している。

夜中に出て 七時間余 女同志のたわいない
会話で 盛り上がる。
朝の通勤時間帯には 出雲に到着していた。

ホテルのご厚意に甘え 早めにチェックイン。
ほんの少し仮眠して 15時前には 稲佐の浜へ

神事が始まる前は どこから集まったのだろう
と思うくらい人 砂浜が見えない。
一度経験しているから 早めに着いて待機する。

道路は大渋滞で 車は 一向に進まない。
だからホテルに駐車してタクシーで稲佐の浜
までGO!

集まる人に対してトイレは かなり少ない。
神事を一番前から見たいならトイレには
行かない方がいい。

一度 場所から出れば 戻るのは 至難の技。
極力水分を摂取せず そして介護用のリハパン

略してリハーサルパンツ。
大容量大丈夫。 笑わないでね。
マジ 温かいし不安ゼロなんだから♫


チラホラと人が集まっている。
そんな中 一人の男性が 私達の横にて
神事を間近で見る為 待機していた。
私は 一度経験しているので 防寒着を着込ん
で 雨対策もしていたけれど 男性は軽装だ。

雨と風が 身体に容赦ない。
寒そうな男性を見兼ねて 百均のビニール
雨具の予備を差し上げた。
それから会話が弾む。
稲佐の浜での神事を待つ間に
女性四人と50代の男性一人‥‥。
どこかで出会ったような以前から知り合いの
ような感覚。意気投合して時間を過ごした。

白装束の神官達が 薄暗く景色が変化する中
現れる。 何度見ても 素晴らしい。
日常の暮らしから 遠ざかる。
神聖な気持ち。

パラパラと降っていた雨が 神事が始まると
止んでいた。 雲間から月が‥‥。
何時間も 待った甲斐があるというもの。

神事が終わりに近づいた頃
いつもの如く 私の脳裏に アクションされ
神界からのメッセージが‥‥。

あの男性は フツヌシの護りがある。

何?チンプンカンプンだわー
今はスルーしとこう!
検索出来る状況ではないんだもの。

神事が終わり テクテク歩いて出雲大社の
大鳥居まで行き タクシーでホテルヘ帰る
算段だった。
その男性が 雨具のお礼に 車で送って
行きますよ と声をかけてくださった。

ありがたい♫

また いつか お会いしたいと名刺交換して
お別れした。

今日は ここまで‥‥

フツヌシって誰よ 次回は このお話を。



[PR]
by gokuuan | 2016-11-20 21:52 | スピる! | Comments(0)

b0359794_21064291.jpg


初めて出雲へ参拝して 数年後 午前10時
受信した。

今年は出雲へ必ず参れ‥‥。

えっ? 一人では 心許ないなあ。
経費を考えるなら車で行くか‥‥
一人で7時間運転して ‥‥無理だなあ。
でも 行かなきゃ!

一人でアレコレ思案中でいると いつもは
連絡をして来るTさんが 突然 寄ってくれた。

開口一番 Tさんは
出雲大社へ参拝しようと思ってるのよ。

私は 一瞬 息をのんだ。
数秒 固まった‥‥ えっ?

その話 今朝 聞いたことと 同じやん‥‥。
今朝 今年は出雲に来い って‥‥。

Tさんは
あら〜 では一緒に行きましょう♫
美人だけど さらに美しい笑顔で 言った。

なんという事でしょう。
偶然か‥‥いやいや必然だわ。

せっかくだからTさんの友人も誘って
みよう‥という事になり 連絡してみると
Fさんは入院中だった。
Fさんは お見舞いに来てくださった方から
神社の写真集をいただき ページをめくると
出雲大社が掲載されており
参拝したいなあーっと 思ってる最中だった
らしい。 ビックリされていた。

では三人で車で参拝しようと話しをしてる
最中に また一人 道しるべ悟空に来られた。

Oさんである。
菊如さんの車が 駐車してたから いるかなあ
と思い寄ったのよ。

私は Oさんに
今ね 出雲大社へ行く計画立ててたのよ。
と告げた。

えー!いいなあー 私も行きたい!
Oさんは 目を輝かせた。

出雲大社へ来い!と言われ1時間余‥
何たる必然だろうか?
ありがたや ありがたや。

四人で 車を走らせる計画になる。

一か月後が 神在祭だ。
出雲大社付近のホテル 旅館‥ どこも満室。
以前 宿泊したホテルに電話してみると
満室で断わられた。

神在祭前日は 数年前から予約する方々がいる
らしく 一か月前に 予約するなんて無防。

キャンセル待ちも かなりあるので無理だと
断わられたが それでも良いと 押し切る。

キャンセル待ち‥
大国主神に 切々と 伝えた。

参拝するつもりですが 宿泊可能でなければ
行けません。
だから 段取りしてくださいね〜。

キャンセル待ちの重複 無理だなあ きっと。
そう思いながらも かすかな期待♡

出雲の祝詞を唱え続けた‥‥ある日の事
神在祭の一週間前だろうか 携帯が鳴る。
予約したホテルからだ!

キャンセルが出たので4名様 ご予約大丈夫
ですよ。

私は 口があんぐり‥‥
かなりのキャンセル待ち‥ なぜ?
ホテルの方に尋ねてみた。

団体様が キャンセルになりましたから ‥‥

えー! そんなことあるのですね〜。
私は 早速 他の三人に連絡した。

必ず参拝しますからね♫

その次の日 引き出しの整理がしたくなる。
あんまり片付けするの苦手なのに
スイッチが入る‥‥私 変だなあ

三つ目の引き出しの整理をしていると
以前に大型バスで参加させていただいた時
のスケジュール表が出て来た。

見事だ! 何時に出て 高速でのパーキング
での休憩 ホテルに到着時間 翌朝の手配まで
わかりやすい。
このスケジュール表を探す為 引き出しの
整理をしたのだ。

この続きは また 後日にて。









[PR]
by gokuuan | 2016-11-19 20:03 | スピる! | Comments(0)

b0359794_09155500.jpg


初めて出雲大社へ参拝した年の 12月28日
この日は 終わり不動の縁の日。

ご縁のある方々が 起こしになり 一人ひとり
の来年 一年間の 流れと動向 どのように
自分の性格と向き合いながら 来年を過ごす
か‥‥について メッセージを届ける日。

私は 天界と人の間 の あくまでも通訳者。

一人ひとりの 人生のシナリオを 読み取り
伝えること。

夜20時から始まり 来られる方々全てに
メッセージを届け終わるのが 23時30分過ぎ

その夜 最後の一人が 終わると共に
私に通信して来た者があった。

その者は 私を通じ語り始めた。

出雲で見た 馬のような大きさの鹿は
頭角であると。

春日大社の眷属は 鹿だけれど‥
出雲大社は 龍蛇神のはず‥‥。

眷属の鹿 頭角‥‥ 使いの鹿 鹿神のトップ?
わかる方がいたら教えていただきたいなあ。

頭角?の話の後 来年の この国の動向
経済 自然現象 等を 話された。
断定的に しっかりとした口調。

数人の方々が その光景を見 内容を聞いて
いた。

翌年 その内容通りの光景をテレビで見る事
になる。
当日 次々と 電話がなる。
あの時の内容通りですね。

大自然の法則は 人間のモノサシをはるかに
越えている。

以降 年末の28日の 恒例の 天界との通訳
は 封印した‥‥。
出雲の神在祭で 八百万の神々が 会議を
した内容の一部を 知ってどうするのか‥‥。

封印しても 人間のする事。
封印は 強引に解かれる事がある。笑

先の熊本の地震の事は 九州のヘソで地震が
あった時は 気をつけよ。
数年前に聞いていた。
去年も 聞かされた。今年は まわりの方々は
事前に防災用品 食料の備蓄をしていた。

今年は静かに 年末を過ごしたいものだ。


[PR]
by gokuuan | 2016-11-17 21:28 | スピる! | Comments(0)

長女と


先日の日曜日 夕方から長女が住む福岡市内
へ! 街はすっかりクリスマスを待つように
イルミネーションがキレイに夕暮れ時を
彩っていました。

b0359794_23512166.jpg


天神は 久しぶりに来ました♫

b0359794_23512237.jpg


テクテク歩いて ウィンドウショッピング
楽しかった♫

b0359794_23512254.jpg


私の住む町とは 違い活気があるなあ。

b0359794_23512201.jpg


たまには 違う景色を見るのもリセット
出来るのですね。

そうそう 私の好きなロクシタンの 店舗を
見つけてしまいました。

b0359794_23512363.jpg


こちらには 是非とも 後日 再度来てみたい。









[PR]
by gokuuan | 2016-11-15 18:30 | 菊如さんのひと想い | Comments(0)