スピる ! 15 さくらだに?


ある日のこと

さくらだに じんじゃ いとしま‥‥ ?
いつものごとく 受信した。

調べてみたけど糸島には そのような神社
は ありませんでした。

それからしばらく時間が過ぎ 小戸妙見の
大祭で 出会った糸島から来た方に 私は
ふっと 糸島にさくらだに という神社が
あるかもしれない‥と思い探したけれど
見つからなかったのよね。と話した。

数日後 糸島の女性から電話があった。

ありましたよ。 今は 若宮神社です。
昔は 桜谷神社でしたが‥‥‥。

とっても古くて 暗くて だから私 掃除
させていただいたの。
そしたら 木漏れ日が そこらじゅうに
野球のボール玉くらいのドットマーク
みたいになって 綺麗でした。
私 この神社を大切にします。

そう言ってくださいました。

早速調べてみると 考古学者が 来るほどの
いわれのある神社でした。

祭神は このはなさくやひめ
こけむすびのかみ

君が代の こけのむすまで‥?との関係性
を論じる方もいます。

何度か 参拝しているうち

種もみをもらって来て 祈念せよ‥と
受信した。

種もみは 高千穂から ある方を通じて
手に入れました。
3月の初旬でした。

またまた受信する。

その種もみは 今年 桜の咲く期間の
一粒万倍の日 ここ 桜谷にて祈念せよ‥?

私は当時 介護の仕事をしていて
もう勤務表が出ていて今更 休める状況では
なかったので 困ったなあ〜と思いました。

そして 天の太祝詞を奏上した際に
社殿右手に 光輝く御姿が‥‥グリーンの
布を纏う小柄な方。

社殿からは 次は ミホツヒメ?に渡す。
と声がした。

なんのことやら‥‥。

帰り道 糸島の歴史資料館によってみて
なんとなくわかった事。

遥か昔 高千穂から届いたもみ種は
糸島の広大な土地で 栽培され全国に
広がったという事を知った。


高千穂から届いたもみ種を 糸島の桜谷で
祈念するという意味が理解できる。

自宅に戻り 桜の咲く期間 一粒万倍を
調べてみた。 二回ある。
勤務表と照らし合わせみた。

あー! 思わず叫んでしまう。
一粒万倍の 二つの日が 私の休みと
重なっているではないか!

もう既に決まっていた事かもしれない‥。

そしてもう一つ
ひかり輝いて現れた方は誰なのか?
信頼する女性に尋ねたら 衣の色で 調べて
みなさいとの事で 早速糸島の彼女が調べて
くれました。

菊如さん 大国主でしたよ!

私は ミホツヒメを調べていた。

三穂津姫 大国主神の妻
高千穂から稲穂を持って 広めた。

大国主と三穂津姫 仲良くお出ましだろう。

その年 三月初旬から桜の咲く頃までの
間に 3月11日 地震が起こる。
東日本大震災だ!

最初の一粒万倍日には 小戸妙見神社の
増田宮司が 後の一粒万倍日には 菊如が
様々な思いを持ちながら 桜谷神社で祈念
した。

時が経ち 一粒が万倍となるよう復興して
いくことを願う。

糸島の 船越に 桜谷神社いやいや若宮神社
は あります。
そういえば ここ数年 参拝していない。
ご挨拶に伺ってみよう。

b0359794_12231607.jpg






[PR]
Commented by 小野ちゃん at 2016-10-27 08:15 x
其々が其々のタイミングで準備し行動されてるんですね~。糸島はホントに空気が違いますよね。
なにより・・・かき小屋サイコ~(*^^*)
Commented by gokuuan at 2016-11-07 07:25
小野ちゃんさん

牡蠣小屋行こう。
するべきことをする。 その次 食べたいから
行く!行かなければ食べられませぬ。
Commented by 小野ちゃん at 2016-11-08 21:24 x
では・・・次は糸島行脚といきましょう(^-^)
by gokuuan | 2016-10-25 21:06 | スピる! | Comments(3)