宗像大社の高宮祭場は 昭和の造営

b0359794_10020683.jpg


今朝 旅サラダという番組で 宗像大社
沖ノ島が出ていました。

宗像三女神の お話もされていましたが
テレビ局は もっとしっかりと調査して
番組を制作するといいのになあ〜と
思いました。

ブログなどで 宗像大社の高宮祭場に行き
パワーがあるぅ✨✨凄い✨ とか
特にスピ系の方々の記事‥霊能のある方々の
ブログなど‥見ていて 何だかモヤモヤ。

テレビ 雑誌 様々な情報‥‥ 私も含めて
感化されてしまう。

私自身も反省点があるのです。

宗像大社について ですが 私も宗像大社
から45分位の場所に住み 宗像には知り合い
が少なくはありません。
だからこそ 地域の方々から 古来の伝承を
よく聞きますし 自分でも調べてみます。

そんな中 ある方から

宗像大社の高宮祭場は 昭和の時代に新しく
イメージして造営された‼️と聞きました。

えー‼️ そんな話 テレビでも 宗像大社の
情報誌にも書かれてないやん‼️

ましてやスピ系の方々の超絶賛✨✨✨
本当かいなあ〜?

旅サラダ見ているうちに 菊如の いつもの

本当かいなあ〜? 調べてみよう! が
動き出しまして

あったあ‼️

宗像市のサイト

世界遺産への道 55
宗像大社 辺津宮の境内 2016年4月5日
の記事です。

宗像大社は 昭和には 宗像神社と呼ばれて
いました。

高宮斎場は 出光佐三さんが 一大事業と
して 高宮祭場を 新しく造営した。

と書かれていました。

私が聞いた話は 現在の高宮祭場は
今のようになる前 ほんのわずかな
物が出てきて そこに 現在のような
素晴らしい古代祭場を昭和に造営した
ので 古代からの現存ではないよ。

と聞いておりました。

もし 国宝になるような品であれば

高宮祭場から 発掘調査して出てきた‼️
と 大々的にマスコミにも登場するかも
しれないけれど 何も聞かない⁉️ので
割れた皿?とかだったのかなあ〜。
あくまで菊如の推測の範囲内です。

古事記や日本書記さえ 数々の塗り替えが
あるのですから 後 百年もすれば

本当の話よん♫ ってなり 信じちゃうん
でしょうね〜。

くわばら くわばら‥‥‥。

宗像市の お隣の 鞍手町にも 宗像三女の
伝承がたくさんあります。

伝承は 地域から地域に たくさんの真実を
繋げてくれています。
1つずつ検証して行くと腑に落ちるのです。

宗像市には八所宮があります。
はるか昔から 大きな神社だったようです。
そこに神武天皇が来られたそうです。

その八所宮に まだ宗像大社が宗像神社
だった頃 素晴らしい神社があると聞き
宗像神社の第一宮司が 参拝に来られた
とのこと。

八所宮には 毎年の正月には 長きにわたり
宗像大社の宮司が自ら参拝 挨拶に来られ
ていたと 八所宮にてお聞きしました。

宗像大社が隆盛を極めて沖ノ島の世界遺産
が 目の前で お忙しいのでしょう。
現在では 正月参拝の姿はないとのこと。

心眼を持つスピ系の方々であれば
見極めることが出来るやもしれませんね。

今日は 菊如の独り言として お読みください。
温かい お心で✨✨✨。


[PR]
by gokuuan | 2017-04-01 09:02 | 菊如さんのひと想い | Comments(0)