人気ブログランキング |

必要なのは、やっぱり愛なんだ!

b0359794_20365140.jpg

この写真は、私の知り合いの方の友人の写真家が撮影したものだ。 
本物か偽物か 物議されていたので、名前は控えようかな。 

友人が昔 この場所で撮影した写真に 
マリア様が写っていた。  
まさにこの木だ!

数年して私の知り合いが、マリア様がこの木に写っているものを見せてくださり、瓜二つだったので、びっくりした。 
尋ねると写真家が撮影したと言っていた。

だから私は、この天使みたいに見える写真も 
本物だと思っている。

ある日 北九州の神通力者が訪ねてきた。 
『あるご縁でマリア像をいただいたので、マリア様と縁を持ちたいけど 繋がるところが見つからない!』という。 

私は、友人がこの木のど真ん中に、マリア様が写っていた!と見せてくれたし、写真家も全く同じようにマリア様を撮影していたので、
この木がある 神社にお連れした。

北九州の神通力者は、
「ありがとう😊ここで良かった!」といい
木に向かって頭を下げて感謝していた。 

数年が経ち、私も マリア様や 天使 光の使者にコンタクトをとらなければならない事態になり、この木のある神社で 光の要請をするために✨要請の100ヵ条✨を書いた。 
100ヵ条を作り上げるのに、10時間以上かけることになろうとは、思いもしなかった。

時間を見つけては、大樹の下で 100ヵ条を読み上げた。 
何度訪れたことだろう。 
季節が一つ過ぎる頃 一人で『アベマリア』を歌っていたら、急に涙が溢れてきた。 
自分の意識ではない感情だった。 
まさに 嗚咽。 どういうこと?  

歌い終わった頃、目の前は全て金色に輝いた。
目に見えるものが光の世界で 眩しいほどの金色だ 

その時 名前を呼んだ! 

ミカエル     ラファエル     ガブリエル
サンダルフォン✨✨✨ 

ミカエルは知っていた。
だが他は知らなかった。 
記憶から外れないようにとどめ 足早に携帯で検索した!

ラファエル  ガブリエル  サンダルフォン 
確かに天使名がある!   

身体が震えたことを今でも覚えている。 

それからまもなく、西洋系の魔に翻弄される方が 道標・悟空に訪れた。 

数人を経て、最難関 の方が来る前には 
『ケルビム』という言葉が聞こえてきた。 
検索すると天使名だった。  
カルケドスという言葉も届いた。 

しばらくして 援護体制に入ったことに気づいた。 

そして最難関である方が訪れた。 

一年間は 気を張り続けた日々だった。 
そうそう簡単にはいかなかった。 
相手は 軍団だからだ! 
二度 真夜中に襲われた。
それからは、結界を張って眠る日々だった。 

映画の世界は、本当に存在する。

聖書に出てくる魔も まんざらじゃない。 

だが  こうして生きている。 

神々は、ちゃんと護ってくれてる♡ 

生半可な気持ちなら初めから入り込むな!と信頼する導師に言われたけれど、『出来るから、この案件が来たのよ!』と華山が言ったことを覚えている。

やるか?やらないか?
救いたいか?どうなのか?

与えられた試練なら、『受けるだけ』
ただそれだけの事だと 観念した。

誰でも同じね!
与えられた試練なら、トライするだけ。

ただトライするには、試行錯誤 あの手この手
✨出来るから来る✨と思って思考をフルに発揮するだけ。

訪れた方々は、精神病棟に入ることなく、
笑顔で生きている♡ 

b0359794_21343658.jpg


久しぶりに再度読みながら、自分を見直す機会が与えられた✨ 
ありがたく思った。

やるかやらないか? その根底には、✨愛はあるか?✨
だった。

必要なものは、やっぱり『愛』なんだ! 
道標・悟空に命がけで、訪ねて来た方々への愛だ








Commented by 崋山 at 2019-09-19 08:13 x
懐かしく思い出しました。
自分にどんな事が出来るか分からないけど、心が当たり前のように固まってるんです。
そんな自分の心を時々怖いと思いますが・・・心はナンクルナイサ―。
もう任せるしかない。やらないで後悔するよりやって反省した方が得るものがあるハズ。
日々の生活でもソレを大切にしてますよ♡
いつも頼っててすみません。
身体はお貸しします✌
by gokuuan | 2019-09-17 13:13 | みちしるべ悟空 | Comments(1)

小学校5年生の時 秋の夜長、満月の日 寺院の僧侶から、「この娘は尼になり40歳で人生が変わる✨」と言われる。


by gokuuan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30